印鑑通販後払いに熱い視線が注がれる理由とは

さまざまな書類の作成時や保険や不動産、銀行口座開設などの時に必要となるのが印鑑です。一定の年齢になれば、否が応でも持たざるを得ません。ネットワークサービスの台頭により、ネット上でも印鑑を販売する業者は増えています。

そんな中、脚光を浴びているのが印鑑通販後払いです。手持ちの資金がなくても、欲しい印鑑が入手できるとして人気を集めています。詳細について見てみましょう。

フルネームの印鑑を通販で作るメリットと注意点

活況を呈する印鑑通販後払い!カギを握るのは品質

印鑑通販後払いが人気を集めているのは、それだけ多くの人にとってのメリットがあるからではないでしょうか。そもそも、印鑑といえば日常生活はもとより、ビジネスやフォーマルなシーンでも必要不可欠なものといっても言い過ぎではありません。

以前では印鑑を購入するためには、印鑑専門店や文房具店などまで足を運ぶことが必要でした。しかしながら、現在ではネット上でも多くの印鑑が販売されており、誰でも簡単に入手することができます。パソコンやスマホ、タブレットなどのデバイスがあれば、簡単にアクセスして購入可能です。

印鑑を取り扱うようなサイトでも、熾烈な顧客争奪戦が繰り広げられているといっても良いでしょう。一人でも多くの顧客に印鑑を購入してもらいたいとして、あの手この手を使っての販売方法を取り入れるサイトも少なくありません。

リーズナブルな価格を競い合って利用者にアピールするような販売会社も増えています。注意しなければならないのは、いくら安く入手することができたとしても、品質や精度が悪いものであれば、元も子もないという点。あくまでも品質が一定以上であることが求められます。

通販後払いのからくりとは

通販後払いがここまで広がりを見せているのは、それだけ利用者にとっての利点が大きいからに他なりません。これも、以前とは大きく異なった点といえるでしょう。以前であれば、事前に商品の代金を振込やキャッシュカードなどを使って支払ってから商品が到着するというのが一般的な流れとなっていました。

しかしながら、通販後払いシステムが導入されたことで、支払の確認が出来なくても、商品が到着するという状況が生まれます。利用者にとってはこの上ない状況といえるのではないでしょうか。むろん、商品を販売する業者にとっては、購入代金を払ってもらえなければ大変なことは言うまでもありません。

あまりにも未払い者が増えることになれば、倒産や経営危機のリスクも生じてきます。通販サイトを運営する業者と利用者との間に介在するのが決済代行会社です。ここまで通販後払いを導入する通販サイト運営業者が増えている背景には、決済代行会社の活躍があることを忘れてはいけません。

決済代行会社は利用者に代わって、一旦代金を全て支払ってくれます。そして、その立替分に一定の手数料を足して利用者に請求することになります。主な決済代行会社として有名なのが、クロネコ代金後払いサービスやSAGAWA後払い、GMO後払いなどです。

いずれも、大手企業のため利用者にとっても安心です。「法外な料金を請求される」などということは一切ありません。

通販後払いは計画性が大事

印鑑通販後払いへの利便性の高さによって、印鑑通販サイトの売り上げが伸びたことも事実です。「給料日前なのでお金がない」という人も通販サイト利用者には多くいます。そのような人にとっては、なくてはならない決済方法といってもいいのではないでしょうか。

欲しい印鑑が直ぐに入手できることによって、ピンチを凌ぐことができたという人もいるかもしれません。むろん、通販後払いが便利だからといって、次から次へと通販後払いの利用をすることは控えるべきです。自らの収支バランスを確認して、余裕を持ってやりくりできる範囲内での利用が理想的といえるでしょう。

通販後払いでの与信

印鑑通販後払いのサービスは誰でも受けることができるわけではなく、他の決済方法にすることを余儀なくされることもあります。通常の場合、与信と呼ばれる審査のような取り組みを行い、それに通過することが前提条件となります。

与信の際に利用者が特別にしなければならないことはありません。過去に金銭的なトラブルや延滞、自己破産などの経験がある場合には、与信が通らずに後払いサービスを受けることができません。このような与信があるからこそ、健全な通販後払いのサービスの運営ができると言っても良いのではないでしょうか。

気になる印鑑の値段については、3,000円程度で購入可能なものもあれば、100,000円近くもするような高級なものまで実に幅広くの種類があるのも現実です。数万円もするような印鑑を現金で直ぐに購入することは難しいといえるでしょう。

そのような時にはクレジットカード会社などを利用して購入する方法もあります。

人気の印鑑通販後払い!支払もキッチリと

印鑑通販サイトでも人気が集中しているのが本象牙や黒水牛、オランダ水牛などの希少性の高い素材です。とりわけ、本象牙はワシントン条約で流通が制限されていることもあり、価格は高い水準で推移しています。先にも述べたように、印鑑はさまざまな場面で必要です。

個人はもとより、会社設立時や独立時には、会社としての印鑑も必要になるのではないでしょうか。そうなれば、印鑑の果たす役割はより重要となっていきます。印鑑通販後払いのサービスが進んだことで、手元に資金が直ぐに用意できない人にも、印鑑を入手できる可能性が生まれました。

何かと使い勝手も良く、利用者が拡大している印鑑通販後払いですが、気を付けなければならない点もあります。ついつい、念願の印鑑が入手できたことで、嬉しさのあまりに支払いを忘れないようにしなければいけません。

概ね2週間以内が支払期限となっています。

続出する通販後払い方法

印鑑通販後払いのサービスを展開しているのは、先にも述べた大手企業が運営するサービス以外にも、続々と新たな企業が乗り出しており、サービス合戦の様相を呈しています。株式会社キャッチボールが運営する「後払い.com」やジャックスが手掛ける「ATODENE(アトディーネ)」など、利用者にとっては、選択肢が増えているといっても良いでしょう。

いずれも経営基盤はしっかりしているため、安心して使うことができます。特に地方山間部に住んでいる利用者にありがたいのが、ほとんど全てのコンビニでの支払が可能な点。セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの全国展開するブランドのみならず、小規模のコンビニでも対応可能です。